単相200Vとは

最近、エアコンなど大きな電力を使う機器の電源として単相200Vが使われることが多くなってきました。家庭用の電源といえば単相100Vが一般的ですが、単相200Vとは何か?

答えは、単相200Vとは、電信柱から家に引込まれている家庭用電線のうち、3本線(単相3線式)です。新しい家は、100Vを使っていても、比較的この3線式で引き込まれていることが多いですが、古い住宅は単相100Vの2本線(単相2線式)で引き込んでいることがあります。

なお、単相2線式(100V)は、30Aまでの契約しかできません。40A以上を使う場合は、単相3線式(200V)にする必要があります。

3線式のうち1本はアースで、残る2本のうち1本は100V、もう1本があって200Vです。この3線を使えば200V機器を使えます。2線と3線の違いは、自宅の分電盤などでも確認可能です。分電盤に3本引込線があれば単相3線式です。

ちなみに、200Vは電圧が100Vの2倍になり、大きな電力を食う機械に適しています。

これ以外に三相200Vというのがありますこれは低圧電力契約といって、モーターなどを動かす業務用の冷蔵庫やエアコンに専門に電力を供給する電気です。単相200Vとは似て別物です。三相200Vは感電事故をおこした場合は深刻なので業務用に限定され、一般家庭で使用することはできません。 

最後に、オール電化の場合は、電気使用量が多くなるため、40A以上単相3線式(200V)が必要になって来ますが、30A以下、単相2線式などの場合は、3線式にするための工事代金が数万~十数万円くらいと、ややお値段が高く、家の新築時などに、オール電化にして、給湯器などのガス器具を同時に、電気式にすべて変えて、ガスは一切使わなければ、毎月のガス代分の全額を節約できるかもしれません。

もちろん、電気はソーラーパネル設置で、電気代も節約できます。

しかし、オール電化は、設備にある程度の初期投資金額が必要なので、お金持ちか、あるいは、そこそこ普通の家庭では、家の新築時や全面改築時に行うと効率が良いようです。

 

==おまけ==

W(ワット)、A(アンペア)、V(ボルト)の関係

ちなみに、1A(アンペア)=1000mA(ミリアンペア)

 

W(ワット)は仕事量。 A(アンペア)は電流。 V(ボルト)は電圧。

これで、電気機械を動かしているわけです。

 

(公式)

1W = 1A × 1V

たとえば、家庭用 100Vの交流電源から、1Aの電流で、100Wの仕事をします。

逆に、

1A = 1W ÷ 1V

 というのは、言わずもがな。

たとえば、60Wの電球1個なら100Vで割って60÷100=0.6Aとなります。

 

参考文献

http://www5.ocn.ne.jp/~sasaoka/tansan.htm

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1212814982

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1211869837

http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa5913800.html

 

東京電力アンペア計算

http://www.tepco.co.jp/e-rates/individual/basic/ampere/ampere01-j.html

 

アンペア 色 基本料金   仕事量最大

10A   赤   280.80円    10A × 100V = 1000W

15A   桃   421.20円   15A × 100V = 1500W 

20A   黄   561.60円    20A × 100V = 2000W

30A   緑   842.40円    30A × 100V = 3000W

40A   灰   1,123.20円   40A × 100V = 4000W

50A   茶   1,404.00円   50A × 100V = 5000W

60A   紫   1,684.80円   60A × 100V = 6000W

 

【後日追記:消費税8%に変更しました。小数点以下も表示されています。東京電力HPでお確かめください。】

 

なお、オール電化にしなくとも、一度、上の仕事量を目安に、ご自宅の合計電力を計算されて、使われていないAが余分にあって、適切なアンペアを選択すれば、基本料が安くなる分、節約できます。ほとんどの電気製品には、W(ワット)が表示されていますので、それを参照して合計してください。節約のために、余り低くしすぎるとブレーカーが落ちますので、適切な余力は残しましょう。

 

次回は、本文中に出てきたガス代の節約を考えます。